【35日家計簿】自分でボーナスが作れる!家計簿のつけ方

35日家計簿

日々の収支を管理するためにつけていく家計簿。

家計簿を普通につけるのはもったいない!

「35日家計簿」を始めれば、自分でボーナスを作ることができるんです♪

今日のブログの内容

Youtubeの動画でもご紹介していますので、こちらもチェックお願いします!



35日家計簿って何?

家計簿は1ヶ月ごとにつけるのが一般的ですが、1ヶ月は「28~31日」と月によって日数がばらばら。

そんな日数を「35日」に統一して家計簿をつけるというものです。

ちなみに、この方法は「スライド貯金」や「スライド式家計簿」とも呼ばれています。


なぜ35日なの?

家計管理が上手な人の多くは、1週間ごとの予算でやりくりしているんだそう。

しかし、一般的な家計簿では、日数の少ない週が出てきてしまいます。

そんな少ない日数を補うために数日プラスして、7日間(1週間) × 5週間の計35日間に。

こうすることで、週の日数が一定になり、家計管理がしやすくなります。


ボーナスが作れるしくみ

1/1から35日家計簿を始めた場合、

1月の予算で1/1~2/4までやりくり、2月の予算で2/5~3/11までやりくり…

というように、期間が少しずつずれていきます。

このまま続けていくと、あら不思議。

7月の予算で7/30~9/2までやりくり

というように、一般的な家計簿で8月にやりくりしていた分が、7月に丸ごと収まります。

つまり、8/1~8/31は7月の予算でやりくりするため、8月の予算は丸々残る。

この残った予算が、自分で作ったボーナスとなり、貯金やご褒美など、自分の好きなように使うことができます!


おわりに

自分でボーナスが作れる35日家計簿。

とっても簡単なので、ぜひやってみてくださいね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました