【給料日?1日?】家計簿を始めるオススメのタイミング

35日家計簿

日々の収支を管理するためにつけていく家計簿。

家計簿を始めよう!と思った時にまず悩むのは、いつからスタートするか。

今回は、そんな家計簿を始めるのにオススメのタイミングをご紹介します!

今日のブログの内容

Youtubeの動画でもご紹介していますので、こちらもチェックお願いします!


オススメの開始日

家計簿の開始日の候補としてよく挙がるのが「給料日」と「1日」

このうち、オススメは「1日」です。


1日がオススメの理由

1日がオススメの理由は3つあります。

給料日に左右されない

収入が複数ある場合、全ての給料日が同じとは限りません。

また、給料日が土日祝に重なると、振込日が変わります。

1日なら給料日に左右されることなく、常に同じ日に始められます。


月単位で管理できる

給料日が月の途中の場合、家計簿が月をまたいでしまいます。

1日なら月をまたがないため、月単位で管理できます。


ゆっくり予算が立てられる

給料日から始める場合、その日のうちに予算を振り分けることになります。

1日なら給料日から数日余裕があるため、ゆっくり予算が立てられます。


家計簿の始め方

給料が振り込まれたら、翌月1日から家計簿を開始。

給料日から開始日までの数日間は、給料を使わずに過ごします。

といっても、1円も使わずに過ごすのは難しいので、どうしてもお金が必要な時だけ、貯金を切り崩すなどして対応します。

1日から家計簿を始める最大の難関は、この数日間。

これを乗り切ることができれば、自信を持って家計簿を始められると思います!


おわりに

お給料をもらったら、翌月から家計簿を始めてみませんか?

一緒にやりくりを頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました