35日家計簿を始めるオススメのタイミング

35日家計簿

自分でボーナスが作れる「35日家計簿」

家計簿を始めよう!と思った時に、まず悩むのが、いつからスタートするか。

今回は、35日家計簿を始めるのにオススメのタイミングをご紹介します!

今日のブログの内容

Youtubeの動画でもご紹介していますので、こちらもチェックお願いします!


35日家計簿って何?

家計簿は1ヶ月ごとにつけるのが一般的ですが、1ヶ月は「28~31日」と月によって日数がばらばら。

そんな日数を「35日」に統一して家計簿をつけるというものです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f643e0395162940659e61dd585649ebd.png

こうすることで、期間が少しずつずれていき、予算がまるごと残る月が発生。

残った予算が自分で作ったボーナスとなり、貯金やご褒美など、自分の好きなことに使うことができます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f335b867b029f0ca4bbbfb861d16e751.png


固定費の開始日

固定費とは、家賃・光熱費・保険料など、毎月決まったタイミングで支払う費用のこと。

支払日が決まっているため、自分で支払いのタイミングを調整できません。

そんな固定費に、35日家計簿を取り入れると、1ヶ月分の予算で、2回支払う期間が発生。

家賃のように金額が大きいと、その他のやりくりができなくなってしまうため、一般的な家計簿と同じで1ヶ月ごとにつけます。

家計簿の開始日は1日がオススメ!

1日から始めれば月をまたがないため、期間が分かりやすくなります。


特別費の開始日

特別費とは、旅行・冠婚葬祭・家電の買い替えなど、たまに支払う金額が大きい費用のこと。

月によって金額に差があるため、年単位で予算を立てると管理しやすいです。

そんな特別費に35日家計簿を取り入れると、年をまたぐ期間が発生。

年をまたぐと、年単位での管理ができなくなってしまうため、こちらも、1日から1ヶ月ごとに家計簿をつけるのがオススメです。


やりくり費の開始日

やりくり費とは、食費・日用品費・娯楽費など、日々の生活の中で支払う費用のこと。

自分で支払いのタイミングや金額を調整することができます。

そんなやりくり費に、35日家計簿を導入。

半端だった週の日数が7日間に統一されるため、週単位での管理もしやすくなります!

家計簿の開始日は、始めたい曜日の月の1回目にあたる日がオススメ!

月曜始まりなら、このカレンダーで1月から始める場合、1/2を開始日にします。


家計簿の始め方

給料が振り込まれたら、固定費・特別費は翌月1日から、やりくり費は、翌月の始めたい曜日の1回目にあたる日からスタート。

給料日から開始日までの数日間は、給料を使わずに過ごします。

といっても、1円も使わずに過ごすのは難しいので、どうしてもお金が必要な時だけ、貯金を切り崩すなどして対応します。

1日から家計簿を始める最大の難関は、この数日間。

これを乗り切ることができれば、自信を持って家計簿を始められると思います。


おわりに

自分でボーナスが作れる「35日家計簿」

オススメの家計管理法なので、ぜひやってみてくださいね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました