家計管理が楽になる!やりくり費の費目の分け方

35日家計簿

日々の支出を記録していく家計簿。

「固定費」「やりくり費」「特別費」の3つの費目分けに慣れてきたら、さらに費目を細分化。

今回は「やりくり費」の費目の分け方をご紹介します!

今日のブログの内容

Youtubeの動画でもご紹介していますので、こちらもチェックお願いします!


3つの費目分け

3つの費目分けについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています!


やりくり費って何?

やりくり費とは、日々の生活の中で支払う費用のこと。

食費・日用品費・娯楽費などがこれにあたります。


費目の作り方

費目を分ける目的は、ムダな支出を見つけて改善すること。

たまにしか支出がないものは、比較のしようがないため、毎月必ず支出があるものだけ、費目を作るのがオススメです!


費目の数

費目が多いと、支出を振り分けるのが大変。

そのため、似たような費目をまとめたり、支出が少ない費目をなくすなどして、5つくらいまでに絞るのがオススメです!


分類基準

分類基準を決めておけば、どの費目に入れるか迷わずに済みます。

例えば、食に関する出費。

家庭内で消費する食品は「食費」

自分ひとりや家族との外食は「娯楽費」

別家計の人との外食は「交際費」など、

支出の目的を考えながら、分類基準を決めるのがオススメです!


おわりに

やりくり費を分けて記録すれば、支出が把握しやすくなるはず!

とっても簡単なので、ぜひやってみてくださいね♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました