最初は3費目!家計簿の支出の分け方

35日家計簿

日々の支出を記録していく家計簿。

支出を分けて記録したいけれど、どのように分類すれば良いか分からない…。

そんな方は、支出を「固定費」「やりくり費」「特別費」の3つに分けることから始めるのがオススメです!

今日のブログの内容

Youtubeの動画でもご紹介していますので、こちらもチェックお願いします!


固定費

固定費とは、毎月決まったタイミングで支払う費用のこと。

家賃・光熱費・保険料などがこれにあたります。


やりくり費

やりくり費とは、日々の生活の中で支払う費用のこと。

食費・日用品費・娯楽費などがこれにあたります。


特別費

特別費とは、たまに支払う金額が大きい費用のこと。

旅行・冠婚葬祭・家電の買い替えなどがこれにあたります。


分類基準

同じ用途のものでも、支払うタイミングや金額の大きさを基準に3つに分類できます。

例えば、電車代。

通勤・通学用の1ヶ月定期券なら固定費、

ちょっとしたお出かけの乗車券ならやりくり費、

6ヶ月定期券や旅行の乗車券なら特別費に分類できます。


おわりに

3つに分けて記録すれば、支出を把握しやすくなるはず!

とっても簡単なので、ぜひやってみてくださいね♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました