【ダイソー VS セリア・キャンドゥ】コインケース比較

35日家計簿

現金を管理するのに役立つコインケース。

今回は、ダイソーとセリア・キャンドゥのコインケースを比較しながらご紹介します。

今日のブログの内容

Youtubeの動画でもご紹介していますので、こちらもチェックお願いします!

比較する商品

ダイソーで購入できる「事務用コインケース」と、セリア・キャンドゥで購入できる「セパレートコインケース」を比較します。


カラー展開

ダイソーは、白色と水色の2色展開。

セリア・キャンドゥは、黒色と青色の2色展開です。


サイズ

ダイソーは、11.6 × 9.2 × 3.4cm。

セリア・キャンドゥは、11.8 × 7.6 × 3.3cmです。


収納量

ダイソーは、上段に印鑑1本と500円玉10枚・100円玉30枚・50円玉20枚・10円玉35枚・5円玉20枚・1円玉20枚の計9,470円分のコイン、下段にレシートや二つ折りにしたお札などを収納可能。

セリア・キャンドゥは、上段に500円玉10枚・100円玉25枚・50円玉15枚・10円玉30枚・5円玉10枚・1円玉20枚の計8,620円分のコイン、下段にレシートや三つ折りにしたお札などを収納できます。


開閉のしやすさ

ダイソーは、フタを開けると開け口が浮くため、フタを閉じる時に開け口を元に戻す作業が必要。

セリア・キャンドゥは、フタを開けても開け口が浮かないため、開け口を触らずにフタを閉じることができます。


コインの取り出しやすさ

ダイソーは、コインを入れるスペースにゆとりがないため、形の悪いコインがあると取り出しに苦戦。

セリア・キャンドゥは、コインを入れるスペースにゆとりがあるため、コインをスムーズに取り出すことができます。


保管しやすさ

ダイソーは、フタに滑り止めがないため、ケースの向きを変えるとコインが散乱。

セリア・キャンドゥは、フタに滑り止めがあり、ケースの向きを変えてもコインが散乱しないため、立てて保管することも可能です。


おわりに

収納力重視ならダイソー、機能性重視ならセリア・キャンドゥがオススメ。

コインケースは1つ持っておくと便利なので、ぜひ使ってみてくださいね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました