【35日家計簿】最後のお給料。2022年5月予算振り分け

あこの35日家計簿

自分でボーナスが作れる「35日家計簿」

今回は、5月の予算を振り分けていきます!

今日のブログの内容

Youtubeの動画でもご紹介していますので、こちらもチェックお願いします!


35日家計簿って何?

35日家計簿については、こちらの記事で詳しくご紹介しています!


予算振り分け


収入

5月の予算振り分けには、4月の収入を使用。

3月末で会社を退職したので、これが最後のお給料です。

最後のお給料は138,000円。

収入は1,000円未満を切り捨てて記入しています。


固定費

固定費は、これまでスマホ代だけでしたが、会社を退職したので、国民年金と健康保険が仲間入り。

健康保険料の支払いは6月からなので、5月の予算はありません。

固定費の予算は、合計19,000円。

こちらは、1,000円未満を切り上げて記入しています。


やりくり費

やりくり費は、実家に入れる食費・日用品費と自分が自由に使えるお小遣いの2費目。

実家暮らしをさせてもらっているので、一人暮らしだと必要になる固定費がかからない代わりに、家族3人分の食品・日用品を購入する形で、実家にお金を入れています。

やりくり費の予算は、合計50,000円です。


特別費

特別費は全部で3費目。

家族のため、自分のご褒美のため、その他(費目名: 臨時)という感じで、ざっくりと費目分けしています。

5月の特別費は、母の日のプレゼント代のみ。

買うものは決めているので、金額はほぼ確定です。

特別費の予算は、合計7,000円。

固定費と同様に1,000円未満を切り上げて記入しています。


貯金

貯金は、全部で6種類。

つみたてNISA、老後のための貯金、生活防衛資金、特別費用の貯金3つに分けて管理しています。

つみたてNISAは33,000円。

残りの予算は全て生活防衛資金に振り分けました。

臨時貯金はボーナスで積み立てるので、今回はナシ。

家族貯金は、実家に入れる食費・日用品費の残金、ご褒美貯金は、お小遣いの残金を積み立てるので、とりあえず使う予定の金額だけ記入しておきます。

貯金の予算は、合計62,000円。

予算通りにいけば、収入の44%を貯金できます。


給料・特別費振り分け

生活口座に振り込まれたお給料の内、口座から引き落とされる固定費・つみたてNISAの合計52,000円は、口座に残しておきます。

やりくり費の50,000円は、全て1,000円札で引き出し。

生活防衛資金の36,000円は、専用の口座に入金します。

母の日のプレゼントは、クレジットカードで購入するので、家族貯金の口座から生活口座に7,000円入金しておきます。


やりくり費振り分け

実家に入れる食費・日用品費は、週予算と月予算に分割。

週予算は1週あたり7,000円、月予算は5,000円に設定しました。

お小遣いは、月予算のみで10,000円に設定しました。

振り分けた予算は、家計管理ファイルで保管しておき、5/1から財布に移して使っていきます。


やりくり費フォーマット作成

日別集計表

先日作成した35日家計簿のスケジュールを見ながら、日付を記入。

35日家計簿は月をまたぐので、月ごとに色を変えて分かりやすくしています。


費目別集計表

費目名と予算を記入しておきます。


支出記録表

費目名を記入しておきます。


フォーマットのダウンロード

フォーマットは、ブログをご覧いただいている皆様にも使っていただけるよう、できるだけシンプルに作成しました。

これから家計簿を始める方に、印刷して使っていただけると嬉しいです♡

A5サイズ・見開きA4サイズで作成していますが、環境によってはうまく印刷できないこともありますので、余白を調整して使っていただければと思います。

\A5サイズはこちら/

\A4サイズはこちら/


おわりに

これで、35日家計簿を始める準備はバッチリ!

ボーナス達成に向けて、これからやりくりを頑張ります♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました